Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の65%は情報セキュリティ対策の入門レベルにも不合格

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業の情報セキュリティ対策の実施状況などを調査し、報告書として取りまとめた。

同調査は、組織における情報セキュリティへの取り組みや投資状況、事故への対応、認証の取得、当面の課題など調べたもので、国内の中小企業66社を対象にヒアリング調査を実施した。

調査では、情報セキュリティ対策の入門レベルとして自己診断シートを用意しており、同シートによる対策状況を調べたところ、65%が合格基準に未到達だったという。組織全体としての取り組みが進んでおらず、専門家や情報不足が目立った。また経済状況から投資意欲も低く、担当者が必要性を感じていても経営層とのギャップがあることが判明している。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA