Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の65%は情報セキュリティ対策の入門レベルにも不合格

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業の情報セキュリティ対策の実施状況などを調査し、報告書として取りまとめた。

同調査は、組織における情報セキュリティへの取り組みや投資状況、事故への対応、認証の取得、当面の課題など調べたもので、国内の中小企業66社を対象にヒアリング調査を実施した。

調査では、情報セキュリティ対策の入門レベルとして自己診断シートを用意しており、同シートによる対策状況を調べたところ、65%が合格基準に未到達だったという。組織全体としての取り組みが進んでおらず、専門家や情報不足が目立った。また経済状況から投資意欲も低く、担当者が必要性を感じていても経営層とのギャップがあることが判明している。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
個情委、改正個人情報保護法の周知に向けて特集ページを公開
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
政府、サイバー攻撃に再度注意を喚起 - SC全体のリスクコントロールを