Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の65%は情報セキュリティ対策の入門レベルにも不合格

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業の情報セキュリティ対策の実施状況などを調査し、報告書として取りまとめた。

同調査は、組織における情報セキュリティへの取り組みや投資状況、事故への対応、認証の取得、当面の課題など調べたもので、国内の中小企業66社を対象にヒアリング調査を実施した。

調査では、情報セキュリティ対策の入門レベルとして自己診断シートを用意しており、同シートによる対策状況を調べたところ、65%が合格基準に未到達だったという。組織全体としての取り組みが進んでおらず、専門家や情報不足が目立った。また経済状況から投資意欲も低く、担当者が必要性を感じていても経営層とのギャップがあることが判明している。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
NEC製セキュアプライアンスに複数脆弱性 - 3月の更新で修正済み
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査