Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口での取引内容が記録されたFDが所在不明 - 長野の郵便局

長野県の新開黒川簡易郵便局において、窓口端末機での取引内容約680件が記録されたフロッピーディスクを紛失したことが判明した。

所在がわからなくなっているのは、2006年6月23日から同年12月8日間の取引内容が記録されたフロッピーディスク。口座番号や取引金額など、顧客情報約680件が含まれる。

10月22日に判明したもので、同社では、内部のデータについて暗号化されており、紛失の原因について局内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。今回の紛失が原因による問い合わせなども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス