Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口での取引内容が記録されたFDが所在不明 - 長野の郵便局

長野県の新開黒川簡易郵便局において、窓口端末機での取引内容約680件が記録されたフロッピーディスクを紛失したことが判明した。

所在がわからなくなっているのは、2006年6月23日から同年12月8日間の取引内容が記録されたフロッピーディスク。口座番号や取引金額など、顧客情報約680件が含まれる。

10月22日に判明したもので、同社では、内部のデータについて暗号化されており、紛失の原因について局内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。今回の紛失が原因による問い合わせなども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教委認定講習の論文が所在不明に、郵送過程で - 大阪府
胃がん検診票が所在不明、郵便局に受領データなし - 相模原市
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市