Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口での取引内容が記録されたFDが所在不明 - 長野の郵便局

長野県の新開黒川簡易郵便局において、窓口端末機での取引内容約680件が記録されたフロッピーディスクを紛失したことが判明した。

所在がわからなくなっているのは、2006年6月23日から同年12月8日間の取引内容が記録されたフロッピーディスク。口座番号や取引金額など、顧客情報約680件が含まれる。

10月22日に判明したもので、同社では、内部のデータについて暗号化されており、紛失の原因について局内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。今回の紛失が原因による問い合わせなども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県