Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の要望と勘違いし、他社へ個人情報を提供 - NTT東委託先

NTT東日本は、同社業務委託先が勘違いし、顧客情報を他社へ提供する事故が発生したと発表した。

業務委託先が、NTT東が取次先となっている他社の製品に関して顧客が説明を希望していると誤解し、9月28日に顧客から同意を得ずに外部他社へ氏名や電話番号など個人情報を提供したもの。同社では関係者に対して謝罪した。

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
外国人技能実習監理団体のメアドが流出 - 東京都
同姓同名の別人の除籍謄本を誤交付 - 大阪市
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市