Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が顧客情報含む書類を誤送付 - UR都市機構

UR都市機構は、委託先の財団法人において、顧客情報含む書類1件の誤送付が発生したことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、同機構が管理する賃貸住宅に入居予定の顧客に関する個人情報が記載された書類1件。顧客の氏名、年齢、勤務先などが含まれる。8月12日、委託先である住宅管理協会が書類を郵送した際、誤って別の入居予定者に送付した。

16日に書類を受け取った顧客から連絡があり、同日中に回収。本来送付すべき顧客に経緯を説明したうえで書類を渡している。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭
顧客1671人に送信したアンケートメールで誤送信 - 近鉄
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
成績通知書ファイルを学生にメール誤送信 - 別府大