Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに対応したログ監視ソフトがバージョンアップ

インテリジェントワークスは、パソコンの操作ログを収集、解析できる「コンテンツウォッチャー・スマート2」を8月下旬に発売する。

同製品は、Windowsをはじめ、Mac OS XやMac OS 9を搭載したクライアント環境にも対応するログ監視ソリューション。ファイルやアプリケーションの操作、プリンタのログを収集、解析が可能で、操作ログの表示やポリシー違反した端末への傾向など行えるほか、ソフトウェアやフォント管理を行うことも可能。

今回のバージョンアップにより、情報の取得やアップデートの際のHTTPSによる通信に対応したほか、オフライン時の操作情報についてもオンライン時にサーバへ接続し収集することができるようになった。

また「ディスクフル検索機能」により、接続した外部ディスクの情報を取得することができる。1000台以上の環境に対応する負荷分散機能を搭載したほか、VMwareによる仮想化環境についても対応した。ログ監視や資産管理などモジュールごとに導入することができる。

(Security NEXT - 2009/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト