Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部攻撃防御型セキュリティ製品市場ではUTMアプライアンスが高成長

ミック経済研究所は、外部攻撃防御型セキュリティソリューションについて調査し、現状および2013年までの中期予測を分析して取りまとめた。

同レポートは、主要ベンダー66社のセキュリティ対策ソフトやアプライアンスサーバの出荷金額を調査し、2007年度から2013年度までの中期予測を含めて分析を行ったもの。外部攻撃防御型セキュリティソリューションを14分野に分類して、市場動向をまとめた。

同社調査によると、同市場の総合計は2007年度が1033億円強、2008年度が前年比4.3%増の1078億円弱だった。さらに2009年度は、前年比8.1%増の1165億円強になると予測している。

従来から同市場の主流だったウイルス対策やファイアウォールはすでに市場が成熟しており、成長は伸び悩んでいる。またファイアウォールパッケージやファイアウォール/VPNアプライアンスは、UTMアプライアンスに統合される動きが目立っており、いずれもマイナス成長になった。

これらに代わって高成長を遂げているのが、複数のセキュリティ機能を1つの機器に搭載したUTMアプライアンス。2008年度は前年比36.4%増の132億2000万円を記録。2009年度も前年比26.9%増の167億8000万円と高成長が続くと予測している。

近年、外部からの攻撃や脅威は多様化しており、ウイルス対策やファイアウォールだけでは被害を防ぐことが難しくなっている。複数のセキュリティ製品を導入するとコストや運用、管理などの負担がかかることから、複数の機能が1つの機器に統合され、かつ運用や設定が容易なUTMアプライアンスが、中小企業や地方自治体を中心に導入が進んでいると分析している。

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増