Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内蔵ドライブの制御へ対応する「USBポートセキュリティ」最新版 - エムコマース

エムコマースは、不正なUSBデバイスの使用を防ぐソフトの最新版「ポートセキュリティ シリーズIV」を9月下旬に発売する。

同製品は、使用が許可されていない不正なUSBデバイスの接続を検知すると、マシンロックやシャットダウンなど保護動作を実行するソフトウェア。最新版では、CDやDVDなど内蔵デバイスの使用や書き込みを禁止するアクセス制御機能をはじめとする、複数の機能を追加した。

不正使用ログからホワイトリストの作成が可能なエディタ機能や、使用を許可するデバイスの設定やセキュリティ設定などを管理者のみ許可する機能を搭載する。

くわえて「Active Directory」との連携が可能となり、導入規模に応じて直接インストールやリモートインストールなど、インストール方法を選択できるようになった。価格は、1ライセンス3500円となる予定。

(Security NEXT - 2009/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集