Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書や電子メディアの保管サービス - 佐川急便

佐川急便は、企業の機密書類や電子メディアなどを保管する新サービスを開始した。

同サービスは、一定期間の保管義務がある文書や書類を保管するサービス。機密書類の入出庫時に書類がデータベース化されるため、ウェブサイト上から保管状況を確認することができる。

同社では今回のサービス開始にあたり、倉庫事業、トランクルーム事業の免許を取得。また関連会社や委託先の倉庫などを活用して事業を展開する。

また再生処理を行う「飛脚機密文書リサイクル便」や、佐川コンピューター・システムによるスキャニングサービスなどワンストップで対応することが可能。

(Security NEXT - 2009/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア