Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃から日本を守った「言語の壁」、しかしガラパゴス化も

サイバー攻撃者の生活はプール付き豪邸にカード偽造機

エフセキュア日本法人の設立10周年を記念し、F-Secureのセキュリティ研究所主席研究員であるMikko Hypponen氏が来日、今月24日に開催された記者懇談会で最近のセキュリティ状況について語った。

090629fs1.jpg
Mikko Hypponen氏

インターネットの普及により、マルウェアに用いられる技術や拡散するスピードが大きく変化しているが、同氏はイベントにおいて、そのなかでも最大の変化が「攻撃者」だと指摘している。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性