Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃から日本を守った「言語の壁」、しかしガラパゴス化も

サイバー攻撃者の生活はプール付き豪邸にカード偽造機

エフセキュア日本法人の設立10周年を記念し、F-Secureのセキュリティ研究所主席研究員であるMikko Hypponen氏が来日、今月24日に開催された記者懇談会で最近のセキュリティ状況について語った。

090629fs1.jpg
Mikko Hypponen氏

インターネットの普及により、マルウェアに用いられる技術や拡散するスピードが大きく変化しているが、同氏はイベントにおいて、そのなかでも最大の変化が「攻撃者」だと指摘している。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も