Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃から日本を守った「言語の壁」、しかしガラパゴス化も

サイバー攻撃者の生活はプール付き豪邸にカード偽造機

エフセキュア日本法人の設立10周年を記念し、F-Secureのセキュリティ研究所主席研究員であるMikko Hypponen氏が来日、今月24日に開催された記者懇談会で最近のセキュリティ状況について語った。

090629fs1.jpg
Mikko Hypponen氏

インターネットの普及により、マルウェアに用いられる技術や拡散するスピードが大きく変化しているが、同氏はイベントにおいて、そのなかでも最大の変化が「攻撃者」だと指摘している。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市