Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブコンテンツを保護する「WebShell」を取扱開始 - MPテク

エム・ピー・テクノロジーズは、韓テルテンのウェブコンテンツ保護ソリューション「WebShell」の取り扱いを開始した。

同製品は、ウェブサイト上に公開したコンテンツの盗用など、不正利用を防止するセキュリティソリューション。画面のキャプチャーをはじめ、クリップボードへのコピーや保存、印刷、ソースの閲覧などを防止する。

キャッシュファイルの保存をセキュアな場所へ変更し、ブラウザ以外の利用を防ぐことが可能。また管理者は必要に応じてユーザーごとに制御内容を設定することができる。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション