Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向け機器の保守期間延長サービスをスタート - バッファロー

バッファローは、法人向けネットワーク製品の保守サービスを強化し、「センドバック延長保守パック」の提供を開始した。

同サービスでは、無線LANアクセスポイント「AirStationProシリーズ」やスイッチ「BusinessSwitchシリーズ」など法人向け製品を対象に、製品購入後に付属する通常の1年間や3年間のセンドバック形式の無償保証期間にくわえ、「延長保守」契約を提供するもの。

同サービスにより延長契約期間に発生した故障時の修理費用についても不要となり、同社の修理センターへ機器を送付し、修理後に返却される。保守期間は、製品によって期間が異なるが、最大5年のプランまで用意している。

同社では、故障時に代替機を発送する「デリバリー保守パック」などとともに提供することでサポート面を強化する考え。

(Security NEXT - 2009/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業