Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトが改ざんされ、ウイルス埋め込まれる - ホームセキュリティ会社

ホームセキュリティサービスを提供している関電セキュリティ・オブ・ソサイエティのウェブサーバが改ざんされ、閲覧者がウイルスへ感染しているおそれがあることがわかった。

同社ウェブサイトにおいて改ざん被害が発生したもので、4月29日から5月13日まで改ざんされたウェブサイトを閲覧した利用者がウイルスに感染している可能性があるという。

同社では、改ざんされたページを一時閉鎖して修復を進めていたが、安全性を確認し、18日よりサイトを再開している。またサーバ内には個人情報は保存されておらず、個人情報の漏洩といった被害は発生していないという。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性