Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブの改ざん被害に注意、4月末登場の亜種が猛威 - 専門家が注意呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターは、ウェブサイトの改ざん被害が多数発生しているとして注意を呼びかけた。

不正サイトへ誘導するJavaScriptが、正規ウェブサイトへ埋め込まれる被害が目立っていることから注意喚起を実施したもの。改ざんされたウェブページを閲覧すると不正なJavaScriptにより不正サイトへ誘導され、細工を施したPDFファイルやFlash動画により、アプリケーションの脆弱性が対して攻撃が行われる。

国内では、4月上旬ごろより「Troj/JSRedir-O」や「JS_AGENT.AOIP」といった名称で呼ばれる不正スクリプトが埋め込まれる事例が増加。PCの通販サイトやレコードレーベルをはじめ感染が広がっていた。また4月20日には同様の攻撃を行う「JS_AGENT.AVR」が登場し、一時感染被害の拡大が報告されている。

今回行われた注意喚起のきっかけとなったのは、亜種である「Troj/JSRedir-R」。ゴールデンウィーク中の4月30日にSophosにより発見されている。5月に入ってから猛威を振るっており、同社において一時検出されるマルウェアの約42%を占めるなど急速に感染が拡大した。

「Troj/JSRedir-R」は、従来と同様に正規サイトより不正サイトへ誘導し、アプリケーションの脆弱性を攻撃する手口だが、さらに別のマルウェアに感染し、FTPのIDやパスワードなどを盗まれるおそれがある。

感染してこれら情報が盗まれた場合、ユーザーが運営するウェブサイトがさらに改ざん被害に遭い、被害が拡大するおそれがある。国内でも被害を公表するケースが出ている。

(Security NEXT - 2009/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響