Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト改ざんで一時ウイルス感染のおそれ - NHT紀尾井町グループ

「紀尾井町クリニック」や「NHT紀尾井町クリニック新大阪」のウェブサイトが改ざんされ、閲覧者に一時ウイルス感染のおそれがあったことがわかった。

NHT紀尾井町グループによれば、ウェブサーバが不正にログインされ、改ざん被害に遭ったもので、不正サイトへ誘導する「JS_AGENT.AOIP」が埋め込まれ、閲覧によりマルウェア「ZlKon.lv」に感染するおそれがあったという。

同グループでは問題を把握して4月11日夕方にサーバを停止。検証作業など復旧作業を経て4月22日にウェブサーバの運用を再開した。今回の改ざんによる個人情報の漏洩はなかったと説明している。

また今回の問題について利用者に対して謝罪。ウイルスの対策方法などを案内している。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性