Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要度「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」が公開

Mozillaは、重要度が「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」を公開した。

メモリ破壊が発生する脆弱性「MFSA 2009-23」へ対応したもの。同脆弱性は、4段階中もっとも重要度が高い「最高」と設定されている。

Mozillaによれば、4月21日に公開された「Firefox 3.0.9」の修正において、「HTML Validatorアドオン」の利用者をはじめ、一部ユーザーで頻繁にクラッシュする不具合が発生。調査の結果問題を特定したという。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり