Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要度「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」が公開

Mozillaは、重要度が「最高」の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」を公開した。

メモリ破壊が発生する脆弱性「MFSA 2009-23」へ対応したもの。同脆弱性は、4段階中もっとも重要度が高い「最高」と設定されている。

Mozillaによれば、4月21日に公開された「Firefox 3.0.9」の修正において、「HTML Validatorアドオン」の利用者をはじめ、一部ユーザーで頻繁にクラッシュする不具合が発生。調査の結果問題を特定したという。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性