Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先メール配信システムに不正アクセス、メルアドが流出 - TOC

テーオーシーは、「浅草ROXメールマガジン」をはじめ、同社運営サービスで管理するメールアドレスが、外部へ流出したと発表した。

流出したおそれがあるのは、同社が運営する「浅草ROXメールマガジン」「beginメールCLUB」「浅草ROXまつり湯メンバーズ」における顧客のメールアドレス999件。同社が業務を委託していたインデックスのメール配信システムが外部より不正アクセスを受けたという。

4月22日に、配信システムへ登録していた同社従業員の携帯電話へ同内容の迷惑メールが送信され、調査を実施したところ、メールアドレスを記録したファイルに対し、外部から不正アクセスがあったことが判明した。

同社は関連する顧客に対し、事情を説明し、謝罪するメールを送信した。また今回の事態を受け、外部セキュリティ機関へセキュリティチェックを依頼したほか、業務委託先に対する監督の強化を実施する。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン