Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先メール配信システムに不正アクセス、メルアドが流出 - TOC

テーオーシーは、「浅草ROXメールマガジン」をはじめ、同社運営サービスで管理するメールアドレスが、外部へ流出したと発表した。

流出したおそれがあるのは、同社が運営する「浅草ROXメールマガジン」「beginメールCLUB」「浅草ROXまつり湯メンバーズ」における顧客のメールアドレス999件。同社が業務を委託していたインデックスのメール配信システムが外部より不正アクセスを受けたという。

4月22日に、配信システムへ登録していた同社従業員の携帯電話へ同内容の迷惑メールが送信され、調査を実施したところ、メールアドレスを記録したファイルに対し、外部から不正アクセスがあったことが判明した。

同社は関連する顧客に対し、事情を説明し、謝罪するメールを送信した。また今回の事態を受け、外部セキュリティ機関へセキュリティチェックを依頼したほか、業務委託先に対する監督の強化を実施する。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出