Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先メール配信システムに不正アクセス、メルアドが流出 - TOC

テーオーシーは、「浅草ROXメールマガジン」をはじめ、同社運営サービスで管理するメールアドレスが、外部へ流出したと発表した。

流出したおそれがあるのは、同社が運営する「浅草ROXメールマガジン」「beginメールCLUB」「浅草ROXまつり湯メンバーズ」における顧客のメールアドレス999件。同社が業務を委託していたインデックスのメール配信システムが外部より不正アクセスを受けたという。

4月22日に、配信システムへ登録していた同社従業員の携帯電話へ同内容の迷惑メールが送信され、調査を実施したところ、メールアドレスを記録したファイルに対し、外部から不正アクセスがあったことが判明した。

同社は関連する顧客に対し、事情を説明し、謝罪するメールを送信した。また今回の事態を受け、外部セキュリティ機関へセキュリティチェックを依頼したほか、業務委託先に対する監督の強化を実施する。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市