Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

53店舗で顧客情報約3万件含む帳票を紛失、全店調査で判明 - 碧海信金

碧海信用金庫は、顧客情報が記載された帳票の紛失を発表した。のべ3万301人分の顧客情報が含まれるという。

所在が不明になっているのは、53店舗や店外ATM1カ所で扱ったATMジャーナルや普通預金日報、顧客索名簿、印鑑届、支払済証書綴りなどの帳票類。記載されている内容は書類によって異なるが、氏名や住所、電話番号のほか、口座番号や預金残高、届け印など記録されており、のべ3万301人分にのぼるという。

同金庫によれば、帳票の保管状況を点検した際、紛失に気が付いたという。同金庫では、誤って廃棄された可能性が高いとし、外部へ流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2009/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所