Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた大分労働局のサイトが再開

厚生労働省大分労働局のウェブサイトが不正アクセスに遭い、一時提供が停止された。改ざんや情報漏洩などは発生しておらず、安全性が確認されたとして16日より再開している。

4月13日13時30分ごろに内閣官房情報セキュリティセンターより厚労省へ不正アクセスを受けているとの連絡が入り、明らかになったもの。大分労働局では7日14時ごろの時点で問題を確認し、アクセス拒否など対策を実施していたが厚生労働省へ報告していなかった。

厚労省では同局のサーバを停止して調査を実施したが、データの改ざんや漏えいは発生していなかった。同局では安全が確認できたとして16日よりウェブサイトの提供を再開している。

(Security NEXT - 2009/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバが侵害、PW改ざんや不正ファイル設置 - こころネット
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
旧メールシステム侵害、メアド流出の可能性 - 人材派遣会社
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文