Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約3分間に相談窓口から個人情報9000件入りPCが盗難 - 福岡大学病院

福岡大学病院において、患者情報約9000人分の情報が保存されたノートパソコン1台が盗まれたことがわかった。

4月11日10時半ごろ、同院の医療相談窓口で利用しているノートパソコン1台が盗難被害に遭ったもの。氏名、患者番号、受診科など同窓口で対応した患者の個人情報約9000人分が保存されていた。またそのうち約1400人分については、相談内容についても含まれる。

同院によれば、窓口の職員が3分ほど席を外した間に何者かに持ち去られたという。またパソコンについては、個人情報保護対策としてパスワードを設定していたと説明している。

被害発覚後、同院では警察へ被害を届けているが二次被害の報告などは受けていないという。再発防止のため施錠管理や院内の巡回警備強化など対策進めている。

(Security NEXT - 2009/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市