Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一橋大のサーバが不正アクセス被害の可能性 - 詳細は調査中

一橋大学は、一部サーバが不正アクセスを受けたおそれがあるとして、調査を進めている。

同大によれば、留学生課のサーバが、ネットワーク経由で不正アクセスを受けたもので、一部データが削除されたという。同大では問題のサーバを停止し、被害状況や原因など詳細について調査を行っている。

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ