Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニのOTPトークンに申込が集中、一時アクセスしにくい状態に

スクウェア・エニックスは、4月7日に同社が展開するオンラインゲームサービスへワンタイムパスワード認証を導入したが、同認証で利用する「スクウェア・エニックス セキュリティトークン」の申し込みが殺到し、一時パンク状態となった。

サービスが開始となった4月7日からアクセスが集中し、セキュリティトークンの申し込みのほか、プレイオンラインの入退会、コンテンツIDの購入、会員情報の確認や変更、レジストレーションコード発行など手続きしにくい状態が発生するなど、サービスに影響が出た。

今回発生したアクセス集中は、8日早朝には収束に向かい、4月8日18時には申し込みやアカウントサービスなど通常どおり提供している。

スクウェア・エニックス
http://www.square-enix.com/jp/

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ