Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

校長室の金庫に保管していた児童の通知表が所在不明 - 横須賀市の小学校

横須賀市の市立小学校において、児童の通知表が所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、特別支援学級の児童3人の通知表で、児童の氏名、学習評価のほか、保護者の氏名および印影などが記載されていた。2008年10月の秋休み後、児童から返却された通知表を担任が校長室内の金庫へ保管。その後今年3月16日に後期分の評価を記入するため金庫を開けたところ、通知表が紛失していることに気付いたという。

校内を捜索したが発見できず、対象となる児童の保護者に対し説明と謝罪を行った。同校から報告を受けた教育委員会では、紛失と盗難の両面における対応を検討するとともに、学校長会議を開催して個人情報の管理徹底を指導するとしている。

(Security NEXT - 2009/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市