Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不在票が届いている」 - 日本郵政を騙り個人情報を聞き出す不審電話が発生

日本郵政は、同社グループを騙って個人情報などを聞き出す不審電話が発生しているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、問題の電話は「不在票が届いている」といった音声ガイダンスを流すもので、ガイダンスに従って操作するとオペレータに変わり、氏名や住所、連絡先など個人情報を聞き出そうとするという。

日本郵政では、グループ企業においてこうした音声ガイダンスによる連絡は一切行っていないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース