Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerPointの脆弱性でMSがアドバイザリ - 標的型ゼロデイ攻撃も

マイクロソフトは、PowerPointに脆弱性が見つかったことからアドバイザリを公表し、注意喚起を行った。

細工されたPowerPointファイルを開いた場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるもので、すでに標的型攻撃が確認されている。同社では脆弱性について調査を進めており、更新プログラムの提供を含め、対応を検討している。

影響を受けるのは、「PowerPoint 2000 SP3」「同2002 SP3」「同2003 SP3」および「Office 2004 for Mac」。攻撃を行うファイルを含むウェブサイトへアクセスしたり、メールの添付ファイルを開いた場合に攻撃を受けるおそれがあるため、信頼できないOfficeファイルを開かないよう同社では注意を呼びかけている。

Microsoft Office PowerPoint の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/969136.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性