Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載したマイクロフィルム132枚が所在不明 - 新潟労金

新潟県労働金庫において、顧客情報を記録したマイクロフィルムの紛失が判明した。

同労金本部や14店舗において、「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム132枚の所在がわからなくなっているもの。各店舗で保存していたフィルムを集中管理するため、約66万枚について調査を実施したところ判明した。

フィルムに記録されていた内容は、「定期性預金期間入払明細表」や「貸付金期間入払明細表」など13種類の帳票で、顧客名や口座番号、取引日、残高など含まれる。

同労金では、内部で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けており、不正利用の報告なども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
マイナンバーカードが入った生徒の財布を紛失 - 埼玉県の高校
駅ホームで書類を落として飛散、一部未回収 - 北海道
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院