Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保存期間中の行政文書を誤廃棄した職員を処分 - 横浜市

横浜市は、行政文書の取り扱いに問題があったとして、職員2人に対して厳重注意を行った。

行政運営調整局および選挙管理委員会事務局の事務職員に対し、環境整備や職員の指導を行ったとして、いずれも口頭による厳重注意としたもの。

2008年2月に行政運営調整局輸送事務所の事務室が移転するにあたり、今回処分の対象となった職員や部下の職員で不要書類を廃棄したが、その際に保存期間が過ぎていない2005年度分と2006年度分の一部「超過勤務命令簿」や「市外出張命令簿」を処分したという。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も