Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュアのLinux向けセキュリティ対策製品が「TLAS 3.0」に対応

エフセキュアは、同社のLinux向けセキュリティ対策製品が、サーバ管理ソフト「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応したと発表した。

「TLAS 3.0」は、オープンソースの管理ツール「BlueQuartz」を搭載したアプライアンスサーバ。ウェブやメール、DNSなどサーバ環境をGUIで構築、運用できる。

今回対応したのは、「エフセキュアLinuxセキュリティ」のフルエディションおよびコマンドラインエディション、「エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイ」の3製品で、他システムとの一元管理を実現した。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ