Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ASP型PC監視サービスを開始 - Winny起動で即日レポート

大塚商会は、クライアントPCの操作履歴を24時間体制で監視するセキュリティサービス「ASPクライアントパトロール」を提供開始した。

同サービスは、綜合警備保障(ALSOK)との業務提携により実現した監視サービス。綜合警備保障の情報警備監視センターにおいて、クライアントPCの操作履歴をフルタイムで監視する。

ファイル共有ソフトの起動や外部メディアへのファイルコピーなど、情報漏洩のリスクが高い操作を検知した場合に緊急レポートを提供。また、収集したログを分析したレポートを、四半期に1回作成する。

導入支援が必要な場合には、大塚商会がオンサイトで対応。有償でモジュールのインストール支援や、設定票の記入代行を行う。価格は、1クライアントあたり初期費用が1323円。サービス費用が年額1万5876円。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から