Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

84人分の個人情報を含む帳票が所在不明に - JAぎふ

ぎふ農業協同組合は、同組合の支店内で顧客情報を記載した一部帳票を紛失したと発表した。

JAぎふによれば、支店内に仮置きしておいた個人情報を含む帳票が所在不明となったもので、12月17日に紛失が判明した。同帳票には氏名や住所、取引金額など84人分の個人情報が含まれる。

同組合では今回の事故を受け、管理徹底など再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2009/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む一時保育登録者名簿が所在不明に - 目黒区
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂