Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就活イベント参加者の登録者票を誤って焼却 - 京都ジョブパーク

府民への就業支援を行っている京都ジョブパーク事務局が、府内で開催した「就活まつり」における参加者の登録者票を、誤って焼却処分したことがわかった。

誤って廃棄されたのは、同事務局が11月16日に京都テルサ内で開催した求職者向けイベント「就活まつり」において、参加者が提出した登録者票114件。氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。

同事務局によれば、イベント終了後に参加者集計などを行ったが、その後誤って整理券など不要書類とともに一般ごみとして搬出し、焼却処分したという。同事務局では対象となる参加者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
子会社従業員が有効期限間近のデジタルギフトを不正入手 - デジタルプラス
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
児童相談に関するICレコーダー紛失、1年以上未報告 - 紋別市
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市