Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RFIDタグを利用した文書の持ち出し監視ソリューション - MDIT

三菱電機インフォメーションテクノロジーは、RFIDタグにより紙文書の持ち出しを監視する文書管理ソリューション「LogAuditor TagGate」を、11月15日より発売する。

同製品は、RFIDのICタグを貼付することで、紙文書の持ち込みや持ち出しを監視するとともに、廃棄管理や棚卸しの効率化を実現する文書管理ソリューション。保管庫の出入り口に設置された読取装置にタグをかざすことなく、通過するだけで複数文書の検知が可能。

棚卸しの際に目視やバーコードで個別確認していた作業を、タグを一括読取りすることで効率的に行える。文書の移動はログとして管理されるため、書類の不正持出や紛失が発生した際の追跡調査が可能。価格は630万円。

(Security NEXT - 2008/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド