Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出生児の出生届書を紛失、戸籍証明書の交付ができず - 豊田市

豊田市は、在外公館から外務省を経由して送付された海外出生児の出生届書を、庁舎内で紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2008年3月に海外で生まれた子どもの出生届書で、在外公館から外務省を経由して同市役所へ届けられたもの。6月に職員が受領したのち、戸籍担当者が戸籍の入力作業を行う前に紛失したとみられている。

外務省からの問い合わせにより判明したもので、事務室内を捜索したが発見できなかった。届出書の紛失により出生児の戸籍記載が行われず、旅券発行申請に必要な戸籍証明書の交付ができないなどの影響があったという。

同市では関係者に説明と謝罪を行い、届出書の再送付を依頼して戸籍記載手続きを行った。また、特殊郵便物の受け渡しの際には受領リストに押印し、責任者を明確にするなどの再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2008/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省