Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産業装置のウイルス対策でカスペルスキー製品を組み込み - ディスコ

ディスコとKaspersky Labs Japanは、半導体製造装置「ダイシングソー」のウイルス感染防止対策のため、カスペルスキー製品を組み込むと発表した。

ダイシングソーは、シリコンウェーハからICチップの切り出しを行う精密切断装置。今後はKasperskyのセキュリティ対策ソフトが標準オプションとして組み込み、ユーザーは必要に応じてアクティべーションを行い、ウイルス対策を実施できる。

ディスコによれば、精密加工装置が海外で利用される場合など、USBメモリ経由のウイルス感染が深刻な問題となっているものの、ルールの遵守やオペレータによる注意が一般的なセキュリティ対策で、装置そのものによるウイルス感染の防止などは行われていなかったという。

今回、セキュリティ対策ソフトを組み込むことでウイルスの感染を防止し、さらに検知することで社内システムへの適切な対応が可能になると説明している。

(Security NEXT - 2008/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能