Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援専門員試験の受験者情報含む運営マニュアルを紛失 - 千葉県社会福祉協議会

千葉県社会福祉協議会は、2008年度の「千葉県介護支援専門員実務研修受講試験」受験者15人の個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。

所在が不明になっているのは、試験概要や実施スケジュール、運営に関する注意事項、試験場の座席表などが記載された試験の運営マニュアル。千葉県社会福祉センターで受験する15人の個人情報も含まれていた。

10月16日夜に職員が試験監督員の業務を自宅で確認するため同資料を上着の内ポケットに入れて持ち出したという。交流会などへ参加後、帰宅したがその際に紛失したと見られている。同協議会では翌日に報告を受け、県に報告。対象となる受験者に謝罪した。

資料には試験の合否に関わる情報は含まれていないとして、19日実施の試験は予定通り実施している。

(Security NEXT - 2008/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府