Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や「Firefox 2.0.0.17」が公開

Mozillaは、5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.0.2」や9件の修正を含む「Firefox 2.0.0.17」を公開した。

「Firefox 3.0.2」では、重要度が「最高」とされる脆弱性は、画像レンダリングやXSLT処理における不具合など2件。いずれもコードが実行されるおそれがあった。また危険度「中」2件、「低」1件が合わせて修正されている。

一方「Firefox 2.0.0.17」では、危険度「最高」の脆弱性4件を解消。 UTF-8のURLをハイパーリンクに利用した際、スタックバッファオーバーフローが発生する問題、フィードプレビュー画面を用いた特権昇格やクロスサイトスクリプティングの脆弱性などへ対応した。そのほか、危険度「高」1件、「中」2件、「低」2件の脆弱性が解消されている。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2008/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始