Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーアカウントの有無を調べるApacheへの攻撃が多発 - IBM ISS報告

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月14日夕方から翌9月15日朝にかけてウェブサーバに対する攻撃の増加を確認したとして注意喚起を行った。

同社によれば、今回の攻撃はApache HTTP Serverを対象とした調査行為で、公開されているユーザーのホームディレクトリを探すことでユーザーアカウントの有無を調べていたと見られている。

具体的な被害は発生していないものの、アカウントが取得された場合、悪用される可能性があるとし、「mod_userdirモジュール」を利用していない場合は無効にしておくよう同社では対策を呼びかけた。

また、マイクロソフトが9月にパッチの提供を開始した「Windows Media Encoder」の脆弱性(MS08-053)についても攻撃を確認しており、今後攻撃が増加するおそれがあるとして、同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
メルアカ2件がスパム踏み台被害、外部流出PWを悪用か - 愛媛大
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張