Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーアカウントの有無を調べるApacheへの攻撃が多発 - IBM ISS報告

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月14日夕方から翌9月15日朝にかけてウェブサーバに対する攻撃の増加を確認したとして注意喚起を行った。

同社によれば、今回の攻撃はApache HTTP Serverを対象とした調査行為で、公開されているユーザーのホームディレクトリを探すことでユーザーアカウントの有無を調べていたと見られている。

具体的な被害は発生していないものの、アカウントが取得された場合、悪用される可能性があるとし、「mod_userdirモジュール」を利用していない場合は無効にしておくよう同社では対策を呼びかけた。

また、マイクロソフトが9月にパッチの提供を開始した「Windows Media Encoder」の脆弱性(MS08-053)についても攻撃を確認しており、今後攻撃が増加するおそれがあるとして、同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘