Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーアカウントの有無を調べるApacheへの攻撃が多発 - IBM ISS報告

IBMインターネットセキュリティシステムズは、9月14日夕方から翌9月15日朝にかけてウェブサーバに対する攻撃の増加を確認したとして注意喚起を行った。

同社によれば、今回の攻撃はApache HTTP Serverを対象とした調査行為で、公開されているユーザーのホームディレクトリを探すことでユーザーアカウントの有無を調べていたと見られている。

具体的な被害は発生していないものの、アカウントが取得された場合、悪用される可能性があるとし、「mod_userdirモジュール」を利用していない場合は無効にしておくよう同社では対策を呼びかけた。

また、マイクロソフトが9月にパッチの提供を開始した「Windows Media Encoder」の脆弱性(MS08-053)についても攻撃を確認しており、今後攻撃が増加するおそれがあるとして、同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙