Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス内容など記載した顧客リストを紛失 - J:COM豊中・池田

豊中・池田ケーブルネットにおいて、顧客情報68件が記載された書類の紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、顧客情報68件が記載されたリスト。顧客の氏名、住所、電話番号、加入サービスの内容などが含まれる。9月8日、同社従業員が紛失したもので、紛失場所は社内か外部か特定されていない。

同社では警察に紛失届を提出するとともに、対象となる顧客へ個別に連絡して説明と謝罪を行っている。紛失した情報が不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
顧客のメールアドレスを誤送信 - ノジマオンライン
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大