Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス内容など記載した顧客リストを紛失 - J:COM豊中・池田

豊中・池田ケーブルネットにおいて、顧客情報68件が記載された書類の紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、顧客情報68件が記載されたリスト。顧客の氏名、住所、電話番号、加入サービスの内容などが含まれる。9月8日、同社従業員が紛失したもので、紛失場所は社内か外部か特定されていない。

同社では警察に紛失届を提出するとともに、対象となる顧客へ個別に連絡して説明と謝罪を行っている。紛失した情報が不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告