Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス内容など記載した顧客リストを紛失 - J:COM豊中・池田

豊中・池田ケーブルネットにおいて、顧客情報68件が記載された書類の紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、顧客情報68件が記載されたリスト。顧客の氏名、住所、電話番号、加入サービスの内容などが含まれる。9月8日、同社従業員が紛失したもので、紛失場所は社内か外部か特定されていない。

同社では警察に紛失届を提出するとともに、対象となる顧客へ個別に連絡して説明と謝罪を行っている。紛失した情報が不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
編集プロのメルマガに登録者メアド - 操作ミスで
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県