Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDやUSBメモリを解析できる独X-Ways製フォレンジックツール - ディアイティ

ディアイティは、独X-Ways Software Technologyが開発したコンピュータフォレンジックツール「X-Ways Forensics」の販売を開始した。

同製品は、セキュリティ事故の発生時にハードディスクやUSBメモリを解析し、事故の原因や不正行為の証拠となるデジタルデータを取得できるコンピュータフォレンジックツール。

バイナリエディタの「WinHEX」をベースにした解析検索ソフトをはじめ、ハードディスクの複製できる「X-Ways Replica」、ブラウザの履歴を解析する「X-Ways Trace」が含まれ。情報収集から解析、報告書作成が行える。

また技術者のレベルや調査内容に合わせたラインアップを用意しており、「X-Ways Capture」では、システムを稼働させたまま情報を取得することが可能で、暗号化されているシステムにも対応する。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK