Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TLAS 3.0」の管理インターフェースに対応したウイルス対策ソフト

ムービットは、「Turbolinux Appliance Server」に対応した「アンチウィルスゲートウェイ for TLAS」を発売した。

同製品は、「Turbolinux Appliance Server」に対応したウイルス対策製品。F-Secureのスキャンエンジンを搭載しており、メールの送受信やウェブ閲覧、FTP利用などにおいてウイルス対策を実施できるほか、スパムメールのチェックにも対応している。

対応OSは「Turbolinux Appliance Server 3.0」「同2.0」「同1.0」、およびPowered BLUEシリーズやMMQube3など。「TLAS 3.0」では管理インターフェースから運用することができる。

価格は、50ユーザー版が17万1000円。乗り換えや学校関係者、医療介護機関に対しては初年度費用に割引が適用される。

ムービット
http://www.mubit.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社