Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスによりネット上から学生の個人情報が閲覧可能に - 大阪商業大

大阪商業大学の学生に関する個人情報がインターネット上に流出したことがわかった。

関連会社のサーバ上に保存されたデータが、インターネットを通じて外部から閲覧可能となっていたもので、学生の氏名や学籍番号など1169人分の情報が流出したという。

同大では、学生の利便性向上を目的にデータを保存したが、単純な作業ミスが原因で個人情報が流出したとして謝罪。管理体制の見直しなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2008/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
メール誤送信で採用試験受験申込者のメアド流出 - 鹿児島市消防局
都労働委員会公表の命令書に個人情報 - 匿名化せず公開
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府