Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスによりネット上から学生の個人情報が閲覧可能に - 大阪商業大

大阪商業大学の学生に関する個人情報がインターネット上に流出したことがわかった。

関連会社のサーバ上に保存されたデータが、インターネットを通じて外部から閲覧可能となっていたもので、学生の氏名や学籍番号など1169人分の情報が流出したという。

同大では、学生の利便性向上を目的にデータを保存したが、単純な作業ミスが原因で個人情報が流出したとして謝罪。管理体制の見直しなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2008/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE