Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHKが受信料の収納控えを紛失 - 可燃ゴミとして処分

NHKが、放送受信料の契約や収納業務に利用している帳票を紛失したことがわかった。

紛失が判明したのは、同局池袋営業センターが扱った29人分の収納控え。7月31日に業務を委託している個人業者がなくしたもので、受信者の氏名や受信料などが記載されていた。また一部には口座番号も含まれる。

同業者は、誤って可燃ゴミとして処分したと話しており、同局では、誤廃棄のため二次被害のおそれはないと結論付けている。また関連する受信者に対して事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2008/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
契約者の個人情報含む携帯端末を紛失 - NHK