Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スタッフの個人情報が流出した可能性、ハッシュ化PWも - NHK

NHKは、NHK放送センターのサーバが外部よりサイバー攻撃を受け、従業員の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同局によれば、7月31日にサーバを侵害された可能性があることが判明したもの。外部協力のもと調査を進めたところ、個人情報が流出した痕跡などは見つかっておらず、不正利用なども確認されていないが、外部に流出した可能性もあるという。

対象となるのは、同局の職員やスタッフ、業務委託先関係者など、あわせて2万3435人に個人情報。氏名やメールアドレス、部署、役職名、内線番号、ユーザーID、ハッシュ化されたパスワードなどが含まれる。侵害されたサーバに、受信契約者に関する情報や取材に関する情報などは保存されていなかった。

同局では、対象となる関係者に対してメールで通知を行うとしている。

(Security NEXT - 2023/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップソフト「Arcserve UDP」に脆弱性 - アップデートがリリース
キャプティブポータルを提供する「OpenNDS」に複数の深刻な脆弱性
日本語教室参加者宛のアンケート依頼メールを「CC」送信 - 大阪国際交流センター
学生情報や研究データ含むUSBメモリを紛失 - 日本赤十字豊田看護大
「メッシュWi-Fi」の顧客情報が流出、ログサーバ侵害で - J:COM
複数端末やサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - 中嶋製作所
開示請求者の情報がサイト上で閲覧可能に - 都交通局
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
「Concrete CMS」に新板 - 複数脆弱性を修正
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県