Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公募案内メールを送信ミス、メールアドレス454件が流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、公募応募者へメールを送信した際、ミスにより受信者のアドレスが流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同機構が過去に実施した公募の応募者に対して送信した別の公募への参加を呼びかける案内メール。7月23日に送信した際、操作ミスにより受信者以外のメールアドレスが確認できる状態となり、454人分のメールアドレスが流出した。

同機構では関係者に対し謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼。また再発防止策として、宛先が一定数を超えるメールに対し、送信を制限するシステムを、8月中旬までに導入するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性