Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報を誤ってメール配信 - 三井不動産販売グループ会社

九州三井不動産販売は、メールの配信時に誤操作があり、個人情報が流出したと公表した。

同社従業員が7月4日から5日にかけて、25人の顧客へメール配信を行ったが、5人分の個人情報が記載されていたもの。7月6日に受信した顧客より指摘を受け、流出事故が判明した。

同社では事故発覚当日、電話や電子メールにより個別に顧客へ事情を説明。謝罪した。同社では従業員教育を通じて再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県