Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信ミスでレポート送付先メールアドレスが流出 - フィスコ

フィスコは、業務委託先のメール送信ミスにより顧客のメールアドレス11件が流出したと発表した。

7月6日に業務提携先からレポートを配信した際、誤ってメールアドレスを宛先に記入していたもので、受信者のメールアドレスが閲覧可能な状態になった。同社では関係者に対して事情を説明し、謝罪。また誤配信したメールの削除を依頼したという。

同社では今回の事故を受け、緊急事態対策委員会を開催。委託先の管理方法や配信業務の見直しなど、再発防止対策に取り組む。

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出