Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報保存したノートPCを紛失 - 滋賀県立成人病センター

滋賀県立成人病センターの医師が、7月5日に患者情報を保存したノートパソコンを紛失したことが明らかになった。

所在不明となっているパソコンに保存されていた個人情報は669人分で、論文を作成するためにパソコンを自宅へ持ち帰る際、京都市内で紛失したと見られている。氏名や、性別、生年月日、検査データなど含まれていた。

今回の紛失事故では、同医師が以前務めていた京都大学医学部付属病院の患者情報382人分が含まれていたことから、京大病院においても紛失の経緯について詳細な調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
県発注工事現場で事務所荒らし、個人情報入りPCが盗難 - 佐賀県
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー