Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールニュース誤配信で顧客のアドレスを流出 - デジタル監視システム開発会社

監視システムの開発などを手がけるGeoVisionは、メールニュースを配信した際、誤って顧客のアドレス240件が表示された状態で送ったと発表した。

誤配信が発生したのは、6月13日に配信したメールニュース。同社のセミナーや展示会に参加した取引先宛てに配信されたもので、誤って240件のメールアドレスを確認できる状態となった。また17件に関しては、氏名と会社名が含まれていたという。

同社では今回の事故を受け、関連する顧客に対しメールで謝罪。誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2008/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示