Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールニュース誤配信で顧客のアドレスを流出 - デジタル監視システム開発会社

監視システムの開発などを手がけるGeoVisionは、メールニュースを配信した際、誤って顧客のアドレス240件が表示された状態で送ったと発表した。

誤配信が発生したのは、6月13日に配信したメールニュース。同社のセミナーや展示会に参加した取引先宛てに配信されたもので、誤って240件のメールアドレスを確認できる状態となった。また17件に関しては、氏名と会社名が含まれていたという。

同社では今回の事故を受け、関連する顧客に対しメールで謝罪。誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2008/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP