Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2税務署で申請書など関連書類約2500件を紛失

東北地方の税務署で書類の紛失が相次いで明らかになった。紛失の規模はあわせて約2500件に上るとみられている。

仙台国税局の管轄である2税務署で紛失が行政書類の紛失が判明したもの。十和田税務署は、申請書など納税関連の書類470件について所在がわからなくなっているという。

一方、秋田南税務署では、秋田市内の法人の関連情報を記載した2000件の行政書類を紛失した。2002年から翌2003年に扱った法人税や消費税の申告書などで、法人情報や税務情報など記載されていた。

(Security NEXT - 2008/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院