Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップの顧客情報がネット上で一時閲覧可能に - 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズは、オンラインショップに会員登録した最大8247人の顧客情報が、インターネット上で一時閲覧可能だったことを明らかにした。

外部からネット経由で閲覧できたのは、グッズなどを販売する同球団オンラインショップにおいて5月28日までに会員登録し、メールマガジン購読を申し込んだ顧客8247人の登録情報。メールアドレスや性別、生年月日、住所の一部などが含まれる。外部からアクセスできる一時保管フォルダに保存されていたという。

問題発覚後、同球団ではデータを削除。情報流出した可能性のある顧客に対し、個別に説明するなど対応を進めている。また、現在システムの再点検を実施しており、終了までオンラインショップの営業を中止する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
体験入学申込者宛のメールで誤送信 - 大阪府立高校
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王