Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップの顧客情報がネット上で一時閲覧可能に - 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズは、オンラインショップに会員登録した最大8247人の顧客情報が、インターネット上で一時閲覧可能だったことを明らかにした。

外部からネット経由で閲覧できたのは、グッズなどを販売する同球団オンラインショップにおいて5月28日までに会員登録し、メールマガジン購読を申し込んだ顧客8247人の登録情報。メールアドレスや性別、生年月日、住所の一部などが含まれる。外部からアクセスできる一時保管フォルダに保存されていたという。

問題発覚後、同球団ではデータを削除。情報流出した可能性のある顧客に対し、個別に説明するなど対応を進めている。また、現在システムの再点検を実施しており、終了までオンラインショップの営業を中止する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
アップデートしたシステムの不具合で会員情報が閲覧可能に - JBBF
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
学生の個人情報が閲覧可能に、フォームの設定ミスで - 近畿大
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
応募QRコードから応募者の個人情報が閲覧可能に - アトレチコ鈴鹿
特別支援学校で生徒の個人情報含む動画を誤公開 - 埼玉県