Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

池袋駅の定期購入者情報を紛失、一部カード情報も - JR東日本

JR東日本の池袋駅で、定期券の発売内容を記録した用紙が所在不明になっていることがわかった。

同社によれば、紛失したのは同駅みどりの窓口の外に設置されている定期券発売機の記録用紙1本で、3月15日に定期券を購入した顧客97人分の個人情報が記載されている。

用紙には、氏名や性別、生年月日、電話番号、定期券の内容のほか、支払い方法がクレジットカードだった場合、一部文字が伏せられているものの、カード番号も含まれているという。

二次被害の指摘なども受けておらず、同社では、記録内容の調査や確認時に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査